包茎治療の方法について

包茎治療は早めにしよう

包茎には「仮性包茎」と「真性包茎」の2種類があります。仮性包茎は普段は皮がかぶっていますが、勃起すると皮がむけてきます。

 

一方の真性包茎は勃起しても皮がむけません。

 

包茎治療は早めに http://www.livingplanetcompany.com/

 

 日本人男性の多くが仮性包茎だといわれているので、別にこれは問題ありません。お風呂に入った時に、皮をむいて石鹸で洗うなどして清潔に保っておくことが重要です。

 

 一方の真性包茎は手術などの治療が必要です。これは病気なので健康保険が適用されます。

 

真性包茎は勃起しても皮がむけない状態なので、まず第一に大変不潔です。暑くなってくると、股間の周りから悪臭を放つこともあります。感染症などの原因にもなります。また勃起したときに皮が引っ張られ痛みを伴います。

 

 この状態では女性とのセックスができません。なので早めに手術をする必要うがあります。実際に大学生になって彼女ができてから、手術をする人も多いそうです。手術自体は簡単で安全なものです。

 

 

 

 手術の後はほとんど分かりませんし、何といっても皮がきちんと剥けるようになり、清潔になりますし普通にセックスもできるようになってっ普通の生活が送れます。

 

 

 

 日本では成人になってから、手術をする人が多いですが、アメリカでは子供のうちに済ませるのが普通のようです。

包茎治療の方法について

包茎に悩んでいる男性は多いと思います。

 

しかし、情報不足や恥ずかしさもあって、包茎治療経験がある、あるいは治療を考えているという方は少ないのではないでしょか。

 

 

 

包茎は放っておくと病気にもなりやすいですし、ニオイなどの衛生面も心配になります。

 

そうした身体的な悪影響と精神的な意味も含めて、包茎は治療しておくにこしたことはありません。

 

 

 

さて、包茎治療は大きく分けて手術と矯正の2つに分けられます。

 

手術とはその名の通り、病院で治療をしてもらうことです。

 

一方、矯正は器具などを使って治療することです。

 

矯正は基本的には自分で治療することになります。

 

 

 

次にそれぞれの治療法について詳しく解説していきます。

 

まず手術について説明します。

 

 

 

包茎手術は、比較的簡単な部類の手術に分類され、施術時間も1時間以内には終了することが多いです。

 

基本的には余った皮を切除することになるのですが、その方法はいくつかあります。

 

最近では皮を切除せずに治療できる方法も確立されています。

 

包茎手術は入院、通院の必要がなく、術後1か月ほどで完治します。

 

 

 

次は矯正についてです。

 

矯正器具には様々なものがありますが、皮を固定し、いわゆる剥けた状態を作りだすという方法が基本となります。

 

手術に比べ危険性は少ないですが、効果が出るかどうかは未知数で、効果がでるまでの時間も長く掛かることが多いです。

 

 

 

以上が包茎治療についての代表的な2つの方法についてです。

包茎治療の痛みとむくみ

 

包茎に悩んだとき、その状態を放置することなく、早めに治療を行うのがお勧めです。

 

包茎治療を行えば、長年悩み続けてきた性器の悩みからも解放されますし、女性と自信を持って付き合っていくことができるのです。

 

 

 

ただし、治療を行った後は痛みが残るのではないかと不安も感じてしまいますね。

 

包茎治療を行う時には麻酔をかけるのですが、その麻酔も1時間後から徐々に切れ始めます。

 

麻酔が切れることによって、若干の痛みを感じることがあるかもしれません。

 

ただ、我慢できない痛みではありませんので、よっぽど痛みに弱い方でなければ安心して手術を受けることはできるのです。

 

 

 

また、直接性器を専用の器具で治療していきますので、治療直後にはむくみも生じる場合もあるのです。

 

むくんでいる自分の性器を見ると大丈夫なのか心配になりますが、むくみに関しても術後時間がたつにつれて収まってきますので安心してください。

 

 

 

ただし、だれの目から見てもむくみがひどい場合には、性器に異常が出ている恐れがありますので、早い段階で治療を行ったクリニックに相談するようにしましょう。

 

 

 

包茎治療を受ける時には、このように治療後の状態について把握しておくと安心することができます。